恐ろしい甲状腺の病気~原因や症状を把握して健康問題を防ぐ~

医者

直腸にできる腫瘍について

大腸がんには結腸がんと直腸がんがあり、直腸がんはまだ日本人には少ないものですが、食生活の変化により、今後患者数の増加が懸念されています。主な治療方法は手術、化学療法そして放射線療法です。自覚症状は血便や便秘で、検査はできれば大腸肛門科がお勧めです。便潜血反応をはじめ、内視鏡検査などが行われます。

詳細を確認する...

よい病院を選ぶには

日頃お世話になることが多い病院ですが、多くの病院の中からよい病院を選び出すのはけっこう難しいことです。池袋で内科や小児科の病院を選ぶポイントは、担当の医師が自分たち患者と積極的にコミュニケーションをとろうとしているかどうかをきちんと確認することです。

詳細を確認する...

女性の方が多い

甲状腺の病気の中でも知られているのはバセドウ病です。激しい運動をしてはいけないと言われるので、ストレスが溜まるでしょう。そんな人たちに人気なのは、音楽鑑賞や読書です。またしっかりとした治療が必要です。

詳細を確認する...

甲状腺について

病気の種類について

甲状腺は喉の前側にある部分で、左右対称な形でちょうど蝶が羽根を広げたのと似たような形をしています。何種類かのホルモンを分泌する事が主な働きとなっていて、代表的な種類として甲状腺ホルモンやカルシトニンがあります。甲状腺ホルモンは細胞の代謝を活発にする作用があり、カルシトニンは血中のカルシウム濃度を下げる等の働きをします。 ただ甲状腺も器官の一種ですから時として、何等かの病気にかかってしまう事があるので注意が必要になります。甲状腺の病気は数種類ありますが働きに関係するタイプ、形に変化が起きるタイプの2種類に大きく分類する事が出来ます。働きに関するタイプはホルモンの分泌量に変化が現われるタイプ、形に変化が起きるタイプは腫瘍の発生や腫れ等を意味します。

症状等について

甲状腺の病気のうち働きに関するタイプは、ホルモンの分泌が増えるのか減るのかで症状が変わってきます。増えるタイプの場合は体の代謝が異常に活発化するので、発汗が増えたり食欲が旺盛になる等の症状が現われます。逆に減るタイプの場合には体の代謝が低下する事になるので、疲れやすくなったり体温が低くなったりします。 これら甲状腺の病気の治療は前者はホルモンの分泌を抑制する薬の投与、後者は甲状腺ホルモン剤の投与を行ないます。 甲状腺の病気のもう一つの種類である腫れや腫瘍が出来るタイプの場合には、喉の痛みや発熱等といった症状が伴う事があります。治療方法としては原因に応じて薬の投与が行なわれたり、腫瘍の場合には摘出手術等といった治療方法が用いられます。